今です!潜在看護師の復帰のチャンスは!/東京の看護師人材紹介

query_builder 2021/04/29
コラム

こんにちは、東京で看護師を中心に医療従事者の人材紹介会社をしている看ゴシエイトの吉岡です。
いよいよゴールデンウイーク突入しましたが事務所の整理整頓をしています。
今日は話題になっていることについて私見を交えてお伝えしま。

今こそ潜在看護師!

【ことの発端】

4月26日、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の理事会が都内で行われました。終了後の会見で大会期間中の医療人員として看護師500名の確保を日本看護協会に依頼したことを認めた。
 
「約500人の看護師の方々について、検討して頂けないかというお願いを致しました。大前提は地域医療に悪影響を与えないようにすること。そのため勤務時間やシフトのあり方を良く相談しながら最も対応可能なやり方を相談していきたいと思っております」と話されています。
 
などなど会見ではおっしゃられています。

【#看護師の五輪派遣は困ります】

このキーワードがTwitterでトレンド入りするなど【デモ】は広がりを見せました。
Twitterでは罵詈雑言のツイートが多くオリンピック開催に対する批判も併せてされています。

【私見として】

オリンピック開催については【看護師の五輪派遣】の問題とはズレてしまうため
ここでは控えます。
 
まず東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会から日本看護協会へ依頼された経緯は分かります。それに日本看護協会がどのような対応するかがとても気になっております。
私としては今こそ潜在看護師に対してのアプローチを日本看護協会からアピールして頂き東京オリンピック(五輪)・パラリンピックが開催される時には「潜在看護師が大いに力を発揮してくれた!!」と明るいニュースとして取り上げられることを願っております。

【あとがき】

賛否両論ある東京オリンピック・パラリンピック。
そもそもこんな議論をしなくてはいけなくなった【COVID-19】が憎いです。
看ゴシエイトは【専門職の可能性無限大】を掲げています。
社会のためになるような専門職も活躍もできるようになれば良いと思っています。
上記にも書きましたが【今です!潜在看護師の復帰のチャンスは!】と心底思っています。
復帰への最初の一歩はなかなか出ないと思いますが、まずは相談からして下さい。
同じ看護師としての目線で相談に乗れると思います。
看護師による看護師・医療従事者のための会社だからできることがあります。

東京で看護師・医療従事者の人材紹介会社なら看ゴシエイト!