【成功事例】30代看護師の転職。東京で診療所を営む院長からのヘッドハンティング依頼。

query_builder 2022/09/05
コラム
045_eye

今回は30代看護師のヘッドハンティングの成功事例をご紹介します。普段は看護師の求人情報を掲載し、募集をかけていますが求人依頼をいただく病院の採用担当者から募集する人材像をヒアリングするなかで、求める人材を提案することも少なくありません。看ゴシエイトでは、契約している病院への人材紹介もしています。

医療・福祉分野で働きたいとお考えの方に、東京を中心とした首都圏の看護師求人を掲載している看ゴシエイトです。初めての就活は、通っている学校で面接対策や履歴書の書き方などの指導を受けると思いますが、看ゴシエイトでもそういった支援をしております。いきなり本命の希望就職先で就活失敗する前に、場慣れのためにもご利用をおすすめしています。
就職・転職のご相談は、医療・福祉専門の人材紹介会社の看ゴシエイトにお気軽にご相談ください。

041

今回のケース

都内(東京都下)で診療所を営む院長からヘッドハンティングの相談でした。診療所で勤務する看護師同士の仲は良好でしたが、良好すぎて仕事に対するON/OFFの切り替えが良いとは言えず、この状況を変え生産性を向上させるためにも、まじめにきびきびと働くスタッフを複数人入れ、看護師同士の関係性を維持したまま診療所の雰囲気を変えていける人材を登用したいという内容でした。


このような案件は、ミッション難易度が高くこちらが見込んだ看護師でも時が経つにつれ、その場の雰囲気に呑まれ改善が一時的なものになるケースが多いからです。


求める人材

・まじめにきびきび働く

・コミュニケーションを円滑に図れる人材



思い当たる人材

新しい環境で働きたいと看ゴシエイトに登録していた看護師で興味が持てる職場があれば、転職を考えている看護師。

育児空けで夜勤がなく自分のペースで平日だけ働ける職場を探している看護師。


ともに

・看護師歴10年以上

・任された役割はしっかり行う

・真面目

・できる限り残業はしたくない



看ゴシエイトが持っていた印象

・与えられた役割を時間内にきっちり行う

・家庭との両立を考えている

・話をしっかり聞ける、話せる


どちらの看護師も任された役割はしっかり遂行し、できる限り残業はしないと考えている方向性は同じでした。

後日、2人一緒に面談をし、今回の求人内容と求める人材像を伝えることにしました。今後のことを伝えその日は終わりました。

数日後、2人から面談の時間を作ってほしいと連絡があり、面談をしました。2人で話し合ったらしく使命感を持って働いてみたいという返事をもらいました。


誰彼かまわず条件に合う人材をヘッドハンティングするのではなく、看ゴシエイトでは、求人する側と求職者の相性なども考慮しています。
顔合わせをする前に、看ゴシエイト側で条件に合う人材と事前面談を行い人柄や性格などもしっかり把握するようにしています。



顔合わせ

院長とこの2人と看ゴシエイトで顔合わせのための面談を設け、院長の抱える悩みや2人からの提案や希望などもそこで話し合え、3者とも合意することになりました。

条件面で少し調整が必要でしたが、3者ともに合意。お互いがもめごとにならないようこの日、決まったことは書面にまとめ、双方の意思を確認し契約成立。



その後

無事転職が終わり、3、6、12ヵ月目と定期連絡を取りアフターケアをしつつ人材候補の看護師が求められていた人材へと活躍の場を広げる働きをしてくれています。

定期連絡は2人同時に行う場合と、個別に行っていき、トラブル回避や解決に向けた話し合いを行っています。

看ゴシエイトのヘッドハンティングの成功事例の紹介でした。



看ゴシエイトのヘッドハンティングとは

看ゴシエイトのヘッドハンティングは、通常のヘッドハンティングとは違いどちらかというと、求人側の求める人材にマッチする人を紹介する意味合いが強いかもしれません。

求人側から特定のこの人が欲しいからと引き抜きを行ったとしても、相互にマッチするとは思えません。求める人材像をしかっりヒアリングし、条件に合いそうな求職者を紹介したほうが、双方にとって良きめぐりあわせとなると考えています。

現在、定職についていても事前に看ゴシエイトに登録していただくと、今回のように働きながら転職先を探すことも可能です。この機会にぜひ、看ゴシエイトをご利用ください。



看ゴシエイトへの事前登録後の面談は、あなたのひととなりを把握するためのもので、あんたの魅力ややりがいをどこに感じるかなどを発見するための時間と考えております。どんな些細なことでも問題ありませんので、面談時にいろいろとお話を聞かせてください。