看護師の副業で夜を考えの方/東京の看護師キャリア相談

query_builder 2021/07/23
コラム

こんにちは、東京で看護師を中心に医療従事者の人材紹介会社をしている吉岡です。

いよいよ、今日はオリンピック開会式がありますね。

さて、東京の病院で働く看護師・医療従事者の皆様は新型コロナウイルス感染者数が再び増加しているため、更に忙しくされていると思います。

しかし給料は忙しさに応じて上がる訳ではなく・・・

病院で勤務されている看護師・医療従事者の方からの副業相談をされるため、現在の給料に満足していない方が多いということ、まだまだ看護師・医療従事者として社会的ニーズがあるなら働きたいという方もいらっしゃいますね。

今回は看護師の副業について実際副業を支援した看護師・医療従事者の方の1例をもとに考えてみたいと思います。

【ではどんな働き方をしているのか?】

女性教わる

【Gさん看護師の場合】

女性閃き

20代後半で将来的に雑貨屋を開業したいという思いがあり、当時クリニックで常勤勤務していました。

そのためお金を貯めたいということで副業をしたいと相談があり、サポートさせて頂きました。

まず1日のタイムスケジュールを確認していき、どの時間帯を有効活用して今後の開業準備を進めていくのか?ということからヒアリングを行い一緒に考えていきました。

 

●当初のGさん案:クリニックで常勤として勤務を継続する。

勤務後の18時以降から朝9時までの時間で夜勤バイトなどを考えていました。

しかし、訪問看護のオンコールのみ、病院での深夜勤務のみのといった条件で探していきましたが、やはり需要があってこその副業になるため、思考を変えて提案。

 

●修正案:再度方向性を確認しながらGさんに以下の提案をしていきました。

(1)クリニック勤務の曜日を減らして非常勤に変更する

(2)クリニック勤務の時間を短縮して非常勤に変更する

(3)転職をしてそもそものワークライフバランスを一から組み立て直す

 

●現在の状況:色々考えた結果、Gさんは雑貨屋を開業したいということが大前提。

最終目標を定めたことで選択ができました。

日中の時間を有効活用したい!と考えた時に収入面の確保をどうしていくかという課題がありましたが、(3)転職をしてそもそものワークライフバランスを一から組み立て直す

この選択をしたことで可能性が広がり、有料老人ホームで夜勤常勤の看護師として収入を確保しつつ、日中は雑貨屋の開業準備をする時間に使うことが可能になり、空いている日程で看護師の単発バイトの副業ができるようになりました。

結果として収入アップにも繋がり、自身の有効活用できる時間も増えたことで充実した生活が送れるようになりました!と嬉しそうに報告して下さいました。

現在も夜勤常勤の看護師としても働きながら、看護師の単発バイトもして、雑貨屋の開業も着々と準備をされているとも報告して下さいました。

女性ガッツポーズ

【あとがき】

女性ガッツポーズ

Gさんのように何のために副業したいのか?その先に何を目指しているのか?


経験豊富だからこそできる提案で選択肢もその方にあった形を提案させて頂きます。

今回は開業したいための副業相談でしたが、将来の貯蓄をした方や資産形成のための軍資金を作りたい方や日々の生活を豊にしたい方(ブランド品が欲しい・美味しい食事)や趣味に回す資金を増やしたい方などなど・・・

まずは気軽に相談して下さい。

看護師による看護師・医療従事者のための会社だからできることがあります。

人と人をお繋ぎする、東京で看護師・医療従事者の人材紹介会社なら看ゴシエイト!