面接のときに、職場の人間関係を知る方法

query_builder 2022/06/30
コラム
036_eye

就職して働くということは、その職場で1日の大半の時間を過ごすことになります。居心地が良く、働きやすい職場を見つけることで自分のキャリアを築いていけるポイントになると考えられます。今回は、面接のときに、その職場の人間関係・雰囲気を知る方法をご紹介。

医療・福祉分野で働きたいとお考えの方に、東京を中心とした首都圏の看護師求人を掲載している看ゴシエイトです。初めての就活は、通っている学校で面接対策や履歴書の書き方などの指導を受けると思いますが、看ゴシエイトでもそういった支援をしております。いきなり本命の希望就職先で就活失敗する前に、場慣れのためにもご利用をおすすめしています。
就職・転職のご相談は、医療・福祉専門の人材紹介会社の看ゴシエイトにお気軽にご相談ください。

036

人間関係の良い職場の特徴とは

人間関係でうまくいかず離職された方も多くいるかと思います。人間関係で転職・退職を考える人は、看護職だけでなくどの業種でも存在します。仕事を長く続けるためには、人間関係の構築は重要な要素のひとつなのかもしれません。人間関係の良い職場にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。


・気持ちよく挨拶する。

・社員同士の仲が良い。

・全体的に和やかな雰囲気。

・お互いを認め合っている。


挨拶やコミュニケーションが自然と起こる職場は、相対的に見て活気のある雰囲気が出ます。張り詰めた空気の中では、萎縮しこのような状態にはなりません。挨拶を交わすことで相手の存在を認め、コミュニケーションをとるきっかけにもなります。


相手のことが嫌いだと、その人を否定することはあっても認めることはありません。お互いを認め合うことは相手の存在を認め、切磋琢磨しあい成長をすることができます。



面接のときに、職場の人間関係を知るには

人によって好き嫌いは分かれます。そのため採用担当者に会った時に、その人から感じ取れる雰囲気から察することも可能だと思います。

また、職場の雰囲気を確認することをお勧めします。自分が働く部署を見学させてもらうのが、効果的に人間関係を知る手掛かりになります。


たとえば、見学時に上司の方や、担当の方がしっかり案内してくれたりすると、採用後の教育体制も整っている可能性が高いといえますが、採用後の教育制度や研修体制については、面接時にしっかり確認しましょう。


その他に、面接のときに自分が理想とする人間関係についての話を採用担当者に話すこともいい方法です。

採用する側も、貴重な時間を割いて採用したのにすぐに退職されても困ります。

特に人間関係については真剣に考えている採用担当者も多くおり、良好な人間関係を構築できる求職者はとても欲しいと思う存在です。

それは、職場が良好な人間関係であれば、生産性が上がるのはもちろん、離職率改善や定着率向上にもつながるからです。