子育て中の看護師が再就職で確認しておきたいポイント

query_builder 2022/06/27
コラム
035_eye

結婚を機に退職をして、子育てもある程度落ち着きまた、看護師として働きたいと考えている人もいると思います。子育てをしながら仕事と両立させるのは大変なことも多く、再就職に不安を感じるかもしれません。ここ数年は子育て中でも働きやすい環境が整ってきているのが現状です。今回は子育て中の看護師が再就職をするときの確認しておきたいポイントをご紹介。

医療・福祉分野で働きたいとお考えの方に、東京を中心とした首都圏の看護師求人を掲載している看ゴシエイトです。初めての就活は、通っている学校で面接対策や履歴書の書き方などの指導を受けると思いますが、看ゴシエイトでもそういった支援をしております。いきなり本命の希望就職先で就活失敗する前に、場慣れのためにもご利用をおすすめしています。
就職・転職のご相談は、医療・福祉専門の人材紹介会社の看ゴシエイトにお気軽にご相談ください。

035

どういう環境だったら働きやすいかを考える。

子育て中の看護師が働きやすい環境を考えると、いろいろな子育て支援制度が整っている職場であっても、子育てに理解のある職場でなければなりません。急な発熱などで、早退や休みを取るにしても職場の理解・協力姿勢が大事になります。


子どもを持つ看護師が多い職場であれば、子育て中の看護師の大変さも理解できることや、サポートもしてくれたりします。働きやすい職場での働きながらの子育ては、その職場が試行錯誤を重ねて作り上げた助け合いの結果だと思います。ただそれを当たり前のことだと思うのではなく、感謝する気持ちが大切です。



働きやすい環境かを見分ける。

子育てのなか再就職先を探すには、求人サイトやハローワークで求人案内を検索したり、求人エージェントに紹介してもらったりすることができますが、求人案内だけでは働きやすさを確認することはできません。給料や勤務時間、待遇などで就職先を決めてしまうと後々後悔することになるかもしれません。事前に、働きやすい職場なのか確認することが重要です。


働きやすい環境かを見分ける方法として、その職場で、自分と同じような子育て中の看護師がどれくらいいるか確認しましょう。

子育て中の看護師が多すぎると、子どもにトラブルがあったときに周りの看護師と調整を取ることが大変かもしれませんが、同じように子育て中の看護師がいることは、働きやすい職場である可能性が高いといえます。


また、もうひとつ大切なことは、ブランクに対するフォローをしてくれる職場かどうかも重要です。

医療分野は技術・サービスの進歩が速い業態で、日々変化しています。その変化に1日でも早く慣れるためにもブランクに対するフォローがある職場かどうかを確認しましょう。



今回は子育て中の看護師が再就職をするときの確認しておきたいポイントをご紹介しました。

最近では、子育てとの両立がしやすい環境が整ってきています。職場復帰をしようかと思ったら看ゴシエイトにご相談ください。